1066円 DRETEC(ドリテック) ストップウォッチ 大画面表示 ブラック SW-109BK スポーツ 体育器具、用品 ストップウォッチ DRETEC ドリテック 【本日特価】 ストップウォッチ SW-109BK ブラック 大画面表示 DRETEC ドリテック 【本日特価】 ストップウォッチ SW-109BK ブラック 大画面表示 ブラック,1066円,technologysalon.org,大画面表示,DRETEC(ドリテック),ストップウォッチ,スポーツ , 体育器具、用品 , ストップウォッチ,SW-109BK,/macromandibularbffd/becece1882939.html 1066円 DRETEC(ドリテック) ストップウォッチ 大画面表示 ブラック SW-109BK スポーツ 体育器具、用品 ストップウォッチ ブラック,1066円,technologysalon.org,大画面表示,DRETEC(ドリテック),ストップウォッチ,スポーツ , 体育器具、用品 , ストップウォッチ,SW-109BK,/macromandibularbffd/becece1882939.html

DRETEC ドリテック 本日特価 ストップウォッチ SW-109BK 市場 ブラック 大画面表示

DRETEC(ドリテック) ストップウォッチ 大画面表示 ブラック SW-109BK

1066円

DRETEC(ドリテック) ストップウォッチ 大画面表示 ブラック SW-109BK

【商品名】
 DRETEC(ドリテック) ストップウォッチ 大画面表示 ブラック SW-109BK

【商品説明】
 

【サイズ】
 高さ : 1.80 cm
 横幅 : 9.40 cm
 奥行 : 14.60 cm
 重量 : 60.0 g
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。

【返品およびご注文のキャンセルについて】

・ご注文後のキャンセルは原則として受け付けておりませんので、ご了承下さいませ。

・万一商品不良があった場合は、商品お受取り後、5日以内にご連絡ください。

 商品の返送方法、返金処理等のご案内をさせていただきます。

・5日を超えて連絡があった場合は、返品は受付できません。予めご了承ください。

・なお、返品は商品欠陥や不良などに関してのみ返品を承ります。

 お客様ご都合による返品(イメージと違う、画面の色味と実際の色味が違う 等)はお受けできません。

【返品条件について】

・返品の際はお納め時の状態(未開封)でお願いします。

※返品先は会社住所とは異なります。返品の際には当ショップまでご連絡をお願い致します。

※事前のご連絡や、当ストアの承諾なく一方的に返送された場合は、返品はお受けできませんのでご注意下さい。

・商品を開封済みの場合は返品をお断りさせて頂きます。

 以下に該当する場合は、開封済みと判断いたします。

(1)メーカー既成の梱包を開封してある、または破損している。

(2)商品が破損してしまうような再梱包がしてある。

(3)商品タグが外されている。

(4)商品のビニール包装が開封または一部破損している。

(5)ケーブルを固定するワイヤーなどが外されている等、手が加えられたと認められるもの。

(6)その他、商品自体に使用された形跡がある。

・商品到着前であっても、配送手配が完了している場合は返品手数料や送料のご負担を頂きますので予めご了承下さい。

【お問い合わせについて】

電話メール返信対応:平日10:00~17:00

ネットでのご注文は24時間受け付けております。

※営業時間内にお問い合わせをお願いします。

※土日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となります。

※トラブル回避や記録保持のため、メールのみの対応とさせていただきますので、ご了承ください

DRETEC(ドリテック) ストップウォッチ 大画面表示 ブラック SW-109BK

  • 「危ないから向こういってろ(Please keep away!)」山崎開平氏(環境科学院写真コンテスト2020最優秀賞)
    電磁誘導式氷厚計をスノーモービルで引きながら、積雪深・氷厚を測定している最中。普段は愛らしいだけで無害のアデリーペンギンだが、このときばかりは別。

  • 「寒さに耐えながら」中川智裕氏(環境科学院写真コンテスト2020優秀賞)
    サケの産卵床に⼈⼯孵化のサケ卵を埋め、それを取り出しています。真冬の川の中は凍てつく寒さです。その⽔の中に⼿を⼊れます。寒さに耐えながらも、研究への熱い思いは決して絶えません。

  • 「Social distancing and solidarity 2020」内海俊介氏(環境科学院写真コンテスト2020優秀賞)
    2020年7⽉1⽇、ソーシャルディスタンスで野外実験のセットアップ

  • 「贅沢な時間」重枝絢氏 (環境科学院写真コンテスト2020優秀賞)
    空が⾚くなり始める前に作業が終わった時の⼀枚。快晴の空と⼼地よい気温の中、雄⼤な 景⾊をじっくりと眺めることができるのは、調査の中で貴重なひとときである。

  • 「初回講習のようす」井口誼美氏(環境科学院写真コンテスト2020カバーフォト賞)
    私のラボでは様々な機器を⽤いて実験を進めていくのですが、測定のために遠征することも多々あります。ちなみにこの機械は2000万円越えという⾮常に⾼価な機械でいつも使う時は緊張します。

Public Activities

Graduate School of Environmental Sceince, Hokkaido University